アボダート 入手方法

アボダートを入手する方法としては、海外から直接輸入、個人輸入代行業者を通して手に入れる方法があります。
個人輸入代行業者はたくさんあり、安価に購入できるメリットがありますが、 偽物や詐欺もあるので注意も必要です。

当サイトでは、安心・安全で定評のある「アイドラッグストア」をお勧めします。

◆ ◆ ◆ アイドラッグストアで販売している「アボダート」 ◆ ◆ ◆
アボダート Avodart
アボダートとは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として発売されている内服薬です。
AGAの原因物質であるアンドロゲンを抑制する作用があり、一見プロペシアと同じ効果であるように見えますが、プロペシアの主成分がフィナステリドであるのに対し、 アボダートの主成分はデュタステリドであるという決定的な違いがあります。もとは良性の前立腺肥大治療薬として開発されました。

アボダート 効果・効能

アボダートの有効成分デュタステリドは、AGAの原因であるアンドロゲン「ジヒドロテストステロン(DHT)が生成されないよう、 テストステロンをDHTに変換してしまう5α-リダクターゼの働きを阻害する効能を持ちます。

フィナステリド(プロシペア)とデュタステリド(アボダート)の毛髪の数を比較測定した研究では、フィナステリドの約1.5倍の効果があると報告されています。

これは、5α-リダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、フィナステリドはⅡ型にのみ作用しますが、デュタステライドはⅠ型Ⅱ型どちらにも作用するということが理由です。

アボダート 使用方法

現在発売されているアボダートは、デュタステリドを1錠あたり0.5mg含有しており、 プロペシアのフィナステリド含有量が1錠あたり1mgであることと比べると、その量は半分となっていますが、 0.5mgでも十分な効果を発揮することできます。

また、健康状態を考慮しながら服用量を増やすことは可能であり、それだけ効果が高まるとの実験結果も出ています。

なお、用量を増やせば副作用のリスクが高まることは事実であるため、増量に関しては体調に気を配りながら、徐々に増やしていくことが大切です。

アボダート 副作用

アボダートの副作用は、プロペシアと同様で、下記のものです。
なお、服用することで生じる副作用の可能性は使用者全体の5%以下と言われており、 表れた場合でも、通常これらの副作用は軽度のものです。

  1. 性欲減退
  2. 勃起不全
  3. 性行為中の精子の減少

なお、女性や未成年者のプロペシア服用は禁止されています。

アボダート Avodart
アボダートとは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として発売されている内服薬です。
AGAの原因物質であるアンドロゲンを抑制する作用があり、一見プロペシアと同じ効果であるように見えますが、プロペシアの主成分がフィナステリドであるのに対し、 アボダートの主成分はデュタステリドであるという決定的な違いがあります。もとは良性の前立腺肥大治療薬として開発されました。

このページの先頭へ